店主敬白
20日(木)−24日(月)、更新をお休みします。
25日(火)にまとめて記事をアップする予定です。
Tue,17 May 2005

モーターサイクル・ダイアリーズ (The Mortorcycle Diaries, Diarios de motocicleta)

−遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた (日本版コピー)−
−Let the world change you... and you can change the world (Tagline in English)-

伝説の革命闘士、チェ・ゲバラが学生時代南米大陸を旅行した実話に基づく物語。ゲバラを知らなくても、一人の若者の青春ロードムービーとしても充分楽しめるし、ゲバラを知っていると、彼が旅先で遭遇した出来事、人々、体験が後の彼に与えた影響について思い巡らせることができる。若い時(ゲバラ)と同じ位の年代、大学生の頃にこの映画に出会ってたら、ものすごく影響を受けてただろうと思う(革命の闘士にはならなかったろうけど)。自分の中でbest1の映画になっていたかもしれない。勿論今の年齢でも充分いいものを映画からもらった気がしている。今年観たbest1はDownfall(邦題「ヒトラー最後の12日間」)になると思っていたけど、こちらになりそう。
 最初は旅先の苦労ばかりが描かれて、(何でこんな辛い思いして旅してるんだこの二人?)と思って観ていたけど、徐々に二人が経験する出来事が南米の社会背景を二人に思い知らせるようなものとなっていく。
 旅での出来事、特に隔離医療施設のコロニーに行くことは、生化学者(アルベルト)と医者の卵(エルネスト)だから導かれたものだったけど、エルネスト→チェ・ゲバラの運命だったのかもしれない。実際このことは彼に「天命(Calling)」を示したものとなったのだから。川を挟んでスタッフ(北)と病人(南)が別々に暮らす施設で、隔たりなく動き回る二人、特にエルネストの姿は、のちのチェ・ゲバラに通じる姿なのだろう。誕生日に病人と祝いたいと彼らの側へ行くエルネストは、弱者の側に立った革命家チェ・ゲバラなのだろう。でもここで、弱者の側に行くだけでなく、両者を交わえるようにしていたら(交わるシーンもその前にあったが)、彼の革命の仕方も違っていたのかもしれないのでは、とも思うがどうだろう。
 私だったら、この映画のコピーにはエルネストの終わり近くの台詞(「僕はもう以前の僕じゃない」)を引用するだろう。
 内容は重かったけど、鑑賞後はとても爽やかな気分だった。2時間以上あるとは思えない、あっという間に彼らの旅行が終わってしまったようで、もう少し観たいと思ったほど。
 南米へは足を踏み入れたことがないけれど、この映画でその風景も四季も堪能できた。何より音楽がよかった。素朴なギターの演奏によるテーマと、ラテン系ダンス音楽(笑)がふんだんに取り入れられて、辛い中でもユーモアたっぷりに旅をしていく二人の旅路が表現されている。ロード・ムービーって、「イージー・ライダー」しかり、「バグダッド・カフェ」しかり、どれも音楽がいいよなぁ。
 ストーリーが終わってエンディングの音楽が始まっても「ボーナス」が。これもよかった。
 チェ・ゲバラのことをもっと知りたくなった。松岡正剛氏が「こんな男はもういない」と書かれた男とはどんな男だったんだろう。
参考サイト
・公式サイト
英語、スペイン語
日本語
松岡正剛の千夜千冊第202夜『ゲバラ日記』エルネスト・チェ・ゲバラ場所:Princecharles Cinema
日時:05年5月16日15.20-
映画データ
-Original works:Ernesto 'Che' Guevara "Notas de viaje" (as Ernesto Guevara), Alberto Granado "Con el Che por America Latina"
-Director:Walter Salles
-Producer:Michael Nozik,Edgard Tenenbaum,Karen Tenkhoff
-Exective producer:Robert Redford
-Screeplay:Jose Rivera
-Cinematography:Eric Gautier
-Original Music:Jorge Drexler(song "Al otro lado del ri´o"), Gustavo Santaolalla
-Cast
Gael Garci´a Bernal as Ernesto Guevara de la Serna (注:チェ・ゲバラのはとこ)
Rodrigo De la Serna as Alberto Granado
Brandon Cruz as Miner
Vilma M. Verdejo as Miner's Wife
Gustavo Bueno as Dr. Hugo Pesce
Jorge Chiarella as Dr. Bresciani
Delfina Paredes as Mother Sister Alberto
Antonella Costa as Silvia
(参考)International Movie Database(IMDb)
posted by M at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。