店主敬白
20日(木)−24日(月)、更新をお休みします。
25日(火)にまとめて記事をアップする予定です。
Tue,04 October 2005

月の沙漠

先日、友人Cと会った時のこと。
「今度これを歌うんだけど、意味教えてくれる?」と言って見せられたのが、「月の沙漠」。
うわ、何かと思いきや。ちょっぴり汗。
で、訳しはじめてみたんだけど、歌詞のようにしようと思うと難しい。しかも、見せられたのが楽譜で、歌詞がひらがななので、焦っていることもあって間違ってしまう。
1番の「きんとぎんとの『くら』」は、最初(金と銀とだから、長い旅行に必要な財産もってるんだろう)と、'treasure box'と訳してしまい、しかも2番で「きんのくらにはぎんのかめ」と出てきたところは、(宝物を入れているでっかい甕)が浮かんでしまうし。そこまできて、(ん!?)と。
くら→鞍じゃん。このかめは、砂漠を旅するための水が入ってるんだ(なぜか頭の中は「ハクション大魔王」の瓶のイメージが)。
3番の「そろいのうわぎ」も、'jacket'じゃないし、と'coat'にしたら、「袖があるイメージだけど」と言われちゃって'cloths'に。
日本語って、普段聞いたり歌ったりしている分にはなんとも思わないけど、いざ英訳しようと思うと難しい。漠然としたところが多いのだ。

あとから調べてみたら、この歌のタイトル、もともとは「砂漠」ではなく「沙漠」だったということ。最近では「砂漠」と訳されていますが。日本人が漢字を見たイメージとしては「砂漠」はタクラマカンかサハラのような、炎天下のだだっ広い砂漠を浮かべますが、「沙漠」と書かれると、規模よりも寂れた、寂しい感じがしません?

日本の童謡を英訳して歌ってらっしゃるGreg Irwin(グレッグ・アーウィン)という米国人歌手がいらっしゃることも発見。
B000091KYEBlue Eyes~Beautiful Songs of Japan~
グレッグ・アーウィン 吉丸一昌 林古渓

by G-Tools

この方は「月の沙漠」を"Moon Over The Desert"と、月に焦点を当ててらっしゃいますが、私たちは"The Desert Under The Moonlight"と、沙漠に焦点を当ててみました。是非Irwin氏の訳も見てみたい。

[参考]
月の沙漠記念館
www.gregirwin.com(Greg Irwin(グレッグ・アーウィン)氏オフィシャルサイト)

で、MとCの共訳は以下の通り。
“The desert under the moonlight”
words: Masao Kato, music: Suguru Sasaki, English translation:C&M

In the desert under the moonlight all the way
Two Camels were travelling
On Each ones was laid on a gold and silver saddle
And going alongside each other

A silver pitcher on the gold saddle
A gold pitcher on the silver saddle
The two pitchers were respectively
Tied (to the saddles) with a rope

A prince on the former saddle
A princess on the latter saddle
Those two riding on (the camel)
Were called in matching a white cloths

Straight across the vast desert
No one knows where they were going to
On a night with dimming moon
A pair of camels trudging along

Had gone over the dunes
Had gone silently
posted by M at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:クラシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。