店主敬白
20日(木)−24日(月)、更新をお休みします。
25日(火)にまとめて記事をアップする予定です。
Thu,13 October 2005

2006W杯、欧州予選

サッカーW杯欧州予選、12日(水)の試合終了後の結果は以下の通り。
出場決定国:オランダウクライナポルトガルフランスイタリアイングランドポーランドセルビア・モンテネグロクロアチアスウェーデン
プレーオフ進出国:チェコトルコスロバキアスイスノルウェースペイン
10日(月)の予想通りですね。第4グループは決められなかったけど。デンマーク、アイルランドが見られないのが残念。
イングランドはさんざん叩かれてたのに、予選が終わってみたら出場決定国中オランダに次いで2番目の好成績じゃん。何文句を言ってるんだ>イングランドサポーター。フォーメーションが決まらないんでさんざん文句言ってるんだよな。エリクソン監督に対する風当たりも強いのなんのって。あんまり説明するタイプでないこと、ロッカールームでチームの雰囲気を感じ取って檄を飛ばすタイプでもないこと、などが批判の的になってる。夏のオフシーズンは女性関係でタブロイド紙から狙われてるし。サッカーの監督って大変な仕事だわ、と思ってしまう。選手も大変だけど。
プレーオフは明日14日(金)(早っ!)にくじ引き、11月12日(土)、16日(水)に試合。ここで成績上位3チームがW杯本選へ出場。丁度一ヵ月後だ。どこが来るかな。

アジア地区は、ウズベキスタン対バーレーンがまた引き分け。ここはどうなるの?

北中米、南米最終予選もあと1時間半ほどで始まる。こちらもプレーオフ進出国がどこになるか、楽しみ。
それにしても、米国対パナマの試合開始時間、現地時間20:07(13日(木)1:07GMT+1)。07分って何か意味があるのか。

[参考]2006 FIFA World Cup - Preliminaries Groups and Standings:Europe

[10月14日(金)4.47am追記]
その他の地区予選結果
アジア地区は、アウエーのゴール数が上回ったバーレーンがプレーオフ進出。
北中米地区は、4位になったトリニダード・トバコがプレーオフ進出。
両国は、11月12日(土)、16日(水)にプレーオフ決定戦。
南米地区は、ウルグアイが5位に。同じく11月12日(土)、16日(水)にオーストラリアとプレーオフ決定戦。
posted by M at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。